ワイはまだゴーストオブツシマをプレイしてないがどんなゲームか読む雑談

まだワイはこのゲームを買ってもないしプレイしてないので語るに及ばないが

志村殿が捕まっていたときにムービーで主人公の所業を指摘される部分があるのだがあれって誉ある方法で救ったらこのムービーも変わってくるのかな?ここで志村殿は『感謝をしているがその道を歩むな』みたいな事を言うよね、この発想ってのはだんだんとスターウォーズ見てるんじゃねーのかなと思うんだよね、んで序盤さ〜橋の上でコトゥンハーンとサシで戦う場面があるが、あれドラクエでいうところはゲマ戦みたいな感じで、コトゥン強いけど勝てなくないって状態だったじゃん、あれもし勝てたら話の流れ的に橋から落とされるだろうけど、雷鳴の剣ぐらい手に入るんじゃね?って感じで何かしらの防具だの武器、物資だのが手に入るんじゃないから、ゲームバランスが崩れるほどのアイテムは手に入らにだろうと思われるが洋ゲーってたまにバランスぶっ壊すときがあるじゃしかも不利な方が大半だが、ある一定のレベル上げると最強ってときがあるもんね、だからと言って日本のゲームはバランスが良いかというとだ、今の日本の設定は基本イージーのヌルゲーと化す場合があるがファミコン時代にはゲームシステムとかの限界があんだろうと思うのだが、ゴリゴリムズかった思い出がある、だからと言って全部が全部そうとは限らないが基本そんな感じかなって雑談で思った次第である、んで主人公の父親が来ていた武具があるのだがあれをさオルテガの兜のように貰い受けるのだが、山本鹿之助やら真田幸村のような鹿の角のようなものが付いていてカッコいいですね、あれ強化できるそうで鱗のようなものが付くみたいですねワイワイチャンネルのみましたが、ここで戦闘スタイルなのだが石の型、風の型、水の型、月の型などが存在するが冥人の型(くろうどのかた)の覚え方と効果は3人の敵を一撃で倒せるなど色々と便利なのだが詳しい内容は既にブログになっているので貼っておきます。

このゲーム品薄状態が続いてるようですね、でもなんか最近さ人のゲーム実況を見て満足してしまう傾向があるんだよね、コレってのはある程度ゲームやると予想ついちゃうんだよね、でもシャドウオブモルドールからのシャドウ・オブ・ウォーのシステムは結構新しかったのでやってみたいと思ったね、あれってのは敵を味方にして軍勢を作ってその上で敵の城に乗り込む(攻略)って感じで軍勢率いて攻城戦ができるのは面白そうでしたね、話は脱線しましたがゴーストオブツシマに戻ろう、んで今【誉】について調べたところ、名誉(めいよ)と出てきました。

現代では、名誉というと聞こえが悪いような気がします。

昔は名誉が大事だったのでしょうね・・・

わいわいのゲーム実況見ながらゴーストオブツシマを語る

今わいわいチャンネルのゴーストオブツシマを見つつブログを書こうと思っているのだが、これはゲーム内の話だが、タカがめちゃくちゃフラグ立ってるにも関わらず敵陣の囮となって出陣し、コトゥンハーンに捕まるっていうオチでタカやられたのだが、正直最初からフラグというか戦い切っ掛けとなるキャラクターなのではないかな?って思ってましたよ、きっかけとはどういう意味かというとドラゴンボールで言うところのクリリン的スタンスなのではないだろうかと考えている、ゴーストオブツシマの中で【誉れ】オジサンの志村殿がおるのだが、冥人(くろうど)をやけに煙たがるのだが、正々堂々とした戦い、「誉れ」を良しとする武士とは正反対の行動のため忌み嫌われるのが冥人(くろうど)で毒吹き矢とかで敵を倒した後志村殿がガンギレしているよね

『ゴースト・オブ・ツシマ』のディレクターであるNate Fox氏はGameSpotのインタビューの中で、天候についてコメント。「極端に冥人プレイをしていれば、嵐がきやすいようにスクリプトされていますよ」と語った。

とこのブログで書いてありました。

ここでこのゲーム内の天候とはどのような効果をもたらすのか?

 こうした天候が戦闘に及ぼす影響を指摘している。たとえば曇りならば敵に見つかりにくくなり、雨ならば見つかりづらくなるほか雨音により敵の聴覚が低下。晴れならば見通しがよいなど。気まぐれに移り変わっていると認識していた天気が、実はゲームプレイによっても変化するもので、ゲームプレイに影響を及ぼすものであったとすれば、かなり興味深い現象だと言えそうだ。ちなみに仁は、笛を吹くことで天候を変化させることが可能。笛の音色によってさまざまな天気を呼び出すことができるほか、笛の音色を増やすにはこおろぎを集める必要がある。より自由に天候を操りたい方は、道中にてこおろぎを見逃さないようにしておこう

 と書いてますね、これ誉れイベントとかあるのかな?冥人(くろうど)に突っ走るのは怒りに任せたバーサクモードって感じで割と簡単に話は進んでいくのだろうなと思いますが、敵に情けをかけながら進んでいく感じが誉れなのかな?違うか?正々堂々と戦えってことだろうね飛び道具とか毒とか使用せずに、名乗りから入れって事か?序盤のムービーで名乗りから殺されてる奴いたもんな、この話っていうのはさ史実でもあった話だからしょうがないけどさ〜、誉れってなんやねん・・・

無料イラスト制作アプリ【アイビスペイント】 (ibisPaint X)でヨッシーをかく

f:id:opio8:20200807215202j:plain

ヨッシー描きました。後クッパとか色々いますが、今回はヨッシーを描きました。

暑いですね、確かヨッシーの話は前にも記事にしたと思います。 

後半はヨッシー記事ではございませんが、ヨッシーというワードで出てきたので何となく貼ってみました。

いや〜エアコンがない中書くブログは暑いの一言である

ここでエアコンがないのか、暑さを防ぐ方法は着ている T シャツを水で濡らして絞ってそれを着て団扇代わりの厚紙で扇ぐという荒業である。

さすがにこの方法は都会のヒートアイランド現象にはかなわないのだが 、夜中でもなぜ暑いのかそれはエアコンに室外機の熱の仕業だろうと考えている。

それとコンクリートから発せられる日中の熱だろうと思われる。

梅雨は梅雨で問題はあったがまだ梅雨の方が良かったな〜なんても思うが、晴れた日の方が良いかな?でも夜も暑いねって感じでワイは特殊な方法でこうして何の気なしにブログを書いていられるのですが、そんな話よりもヨッシーの話でしたね、以前のブログでもご紹介しましたがヨッシーは恐竜。

カワイイしファミコンではクッキーを両手でクルクルと回していた時代もありましたよね、作品的にいうと新しい部類に入るヨッシーアイランドですが、マリオのお話の中ではコウノトリから落ちたのがルイージとマリオだったよね、そんでマリオだけヨッシーの背中に落ちて物語は始まるって感じで、スーパーマリオワールドのときもヨッシーによく世話になったよ殻からヨッシーって生まれるからねスーパーマリオワールドではね、だが2段ジャンプに使うという悪意ある使い方なのだが、あれが一番助かる場面もある事は間違いなのである、特に星型のステージから行ける裏ステージがあるもんね、ネイティブスターって言うんだっけかな?確かそっからスペシャルゾーンが待っていてキャラの様子が色々とおかしな感じになってるあのステージなのですが知らん方は自分でプレイしてみても良いだろう、レトロゲームをやるような感覚で、学校のお勉強が今後の未来に役立つないと思う人は今年の夏がマリオ関係のゲームを制覇してもいいだろうと考えている、未来の読むのは個人の自由なので責任という概念はなしにする。ヨッシーアイランドに話は戻るが思ったのだがカメックが長寿ってことなのですが亀だけに長生きってことだろうと思いますが、マリオってよく出来てますね、そう考えると、クッパもまだ子供だったが最後ハンターハンターのゴンみたく感情で爆発的に成長を遂げていたよね、そんであのスペースハリアー的な目線でクッパを倒すと子供となるって感じで、クッパだけは特殊だな、あれクッパの親父なのかな?って思ったが違うとなヨッシーアイランドのシステムとしてカメックの魔法により巨大化するという、一種の戦隊物のような構成になってますよね、なのであるはクッパの感情ではなく、カメックの魔法によるものだったということですね。


ヨッシーアイランド(Yoshi’s Island)ヨッシーをかく

ルイージをかく、アイビスペイント使用でどのように絵をかいているのか?環境とか

f:id:opio8:20200806174731j:plain

この絵描くとき使っているアプリが【アイビスペイント】なのですが、100万人突破したそうですね、そりゃいくわ、こんな便利なアプリ無料でいいの?

これ絵だけじゃなく他の使い方も出来るから、中には有料版(課金)もあるがワイは無料のままで使っているけど結構色んなことが出来ます。

絵を書いてる動画みたいなのもこれアイビスペイントの機能で勝手に動画にしてくれるから、動画はワイは編集してるのではなく勝手に動画にできる機能があるのもアイビスペイントが便利な理由です。

f:id:opio8:20200806174609p:plain

絵をかいて動画するって機材とか買わなきゃいけないとかワイも最初思っていましたが、今は無料アプリで書いているからコストかからん

動画時間も選べるので、便利です。

これで動画は完成したので、You Tubeに動画をアップデートしてお金を稼ぐまで頑張るって流れです。

そしてこれ何でかいてんの?って話ですねが、タッチペン高いし100均で売ってるタッチペン買うより指で描く方が楽なので、ワイは手軽に指で描いてます。

タブレット型PCは必要ですが、今のPCは大抵タブレット型PCなので何とかなると思います。ワイはChromebookを使っているがフルで使いたいって人はLenovoとかMacBook買った方が良いかも知れませんね、Chromebook は手軽で便利なのですが、サブ機として使う分には良いのですが、Windows に慣れてる人からするとWindowsデスクトップソフトウェアをインストールすることはできません。

ですが使い方によっては Chromebook で十分というシーンもあるので、最近ワイはこれ一つで十分です。ですがサブ機としてです。ワイはメインというかWindows の PC を持っています。

だから Chromebook は値段が安いし42,800円だったと思います。

しかもフットワークが良いです。これは個人的な使い方の話ですが、寝ながら使ったりできるので、でかいスマホみたいな感じで使ってます。

PCにもなるし折りたたんでタブレットにもなるのは楽ですね、しかも軽いしサイズちょうどいいよ(個人的な感想)

そんな環境とツールでワイは今回ルイージをかきました。

そしてはてなブログもChromebookで書いております。

厳密に言うと書いてるといいますか、音声入力とかでブログと制作してます。

結果全部Chromebook一台で完成してます。


ルイージをかく

LEGOMario(レゴマリオ)イラスト制作とNintendo

f:id:opio8:20200805193904j:plain

最近スーマリの話ばっかしてますが、それだけ相撲の歴史は長いっていうことになりますが、ワイもスーマリの思い出は結構ある一人です。

アニメーションアプリの広告でレゴマリオのCMみたいなやつがあって調べたら、瀬戸弘司の動画の今年の7月頃のやつにレゴマリオの話があって、レゴマリオってさ〜電池入るようだ、そんで電池を入れて、マリオを組み立てて、電源を入れると

レゴマリオタイ〜ムって言って電源がつくんだよね、これも完全に64のイッツミーマーリオーだからね、そしてマリオの足下にはチカチカと光るバーコードのようなものがあって、場所とかの認識をするのかと思う(わからん)そんでマリオを上に振るとぴょ〜んみたいな音がするからね、モーションキャプチャーが入ってるそうだ、そんでマリオアプリとレゴマリオがbluetooth 通信が可能でアプリ内でチュートリアルみたいなやつだってマリオを動かして遊んでいくという感じだと思います。

そっからステージなどを自分で組み立てていくって感じで、ますますプログラミングが必須な時代だなって思ったね、このマリオの音とかさ自分で音の部分を別なもを入れて遊ぶ子供が出てくるんだろうね、そしてプログラミングとかいじって、元々レゴにあるプログラミングできるやつと接続した遊べそうだよね、おそらくはレゴは今後プログラミング教材に変わるかもしれないですね、既にやってるか?そんな事を言ってるワイも昔ガキの頃レゴに熱中したもんだ、ダークキャッスルだか忘れたが幽霊が出るやつ買ってもらいましたね、レゴは本当の意味での知育だと思うね、レゴはバラして自分で建物を向上することが何よりの楽しみである、建築という考え方でもいいが、レゴプログラミングという風に考え方をもって行っても面白いよね、LEGOにPython 入れて人工知能作って脆弱なアイボみたいなもんが作れそうだよね、話は脱線してしまいましたが、マリオってレゴにも進出していて任天堂✕レゴって感じで子供の脳に残るだろう。

そう言うとさ、レゴランドって今どうなってんだろうね?あれは失敗だと思うのだがどうだろうか?まだ営業しているので勝負はわからんが、この先新たなビジネスモデルを生み大当たりするのかはわかりませんが、ぷよぷよランドみたいな感じの雰囲気を醸し出しているのは気のせいだろうか?

おそらく YouTube にあるマリオレゴの動画はステマの場合が多いと思うが、大人にやらせるよりも子供の YouTuber にやらせるのが一番いいのかもしれないが、子供がステマをやるというのはきついものがあるので難しいと思うが、そこはアメリカ風に考えてあまり考えずに純粋に子供が楽しむという動画にするだけでいいのではないだろうかと考えている、元々YouTube っていうものはそれぐらい気軽なもんだったよな〜まだ YouTube がアングラだった時代が懐かしい、今や広告についてこんなにお洒落なものとなっているますね、今考えればワイ自身も先が全く読めてなかったんだなあと思いますね、それにしてもキャラクターのインパクトというのはすごいもんだよな、ってしみじみ思うアンパンマン、ドラえもん、ピカチュウ、マリオとかっていう手堅いメンバーがいるよね、今思い浮かぶのはこのぐらいですが、この王道ってのはさ何かしらの思い出があるよね、こういったキャラクターというのは世代間を超えるので、人間よりも生き続けることとなる


レゴマリオを描く LEGOMario

マリオイラストと両手にはモンスター

f:id:opio8:20200804153657j:plain

 

はい気分で絵を書きたくなったので書きました。

マリオの両手にはさ

流行りの飲料水モンスターだよ

Twitter でゲーマーがモンスターを大量に飲み過ぎて、カフェイン中毒に陥り手が痙攣してる動画があったが、そんなの関係ねぇ〜〜今やエナジードリンクはPUBGユーザーやFPSにユーザーには必須アイテムとなっている。

ですが・・・

あれは大量に飲み過ぎると腕の痙攣などを起こすということで、規則正しい生活でちゃんとした食事と運動をしている成人男性ならば、さほど問題ないと思うが、ゲーマーとなると四六時中ゲームをやるという感じで夜もやるのでそれはでも痙攣するかもしれませんね、そうでなくてもワイはトルネコのダンジョンを2日間ぐらいやっていて腕痺れた思い出があるので、モンスターを飲まなくても体に負担がかかる行為に間違いはないだろう、トルネコのダンジョンというのはセーブができないと言うが、中断はできるのですが、一度的にやられた瞬間にセーブされるからミスは許されないゲームなんだよねそんなところが面白いのだ、常に最良の判断が求められるゲームはダンジョン系のゲームで鍛えられるのではないだろうか?ウィザードリィなんてそんなシビアさがあったもんな、地下深くでひとパーティーやられたとしよう、そうなると別パーティーを組んでそのやられたパーティー等の階層と位置まで向かわなければならなかったもんな、あれ仲間回収だけでさやばい時で新メンバーレベル上げから初めて二日間ぐらいかかる時あるよね、しかも助ける時間が遅くなると死体が灰になり灰でも駄目な場合はロスト(完全にゲームデータからそのキャラクターは消える)になる、しかもアイテムとかにも影響あるんじゃなかったっけかな?それに回復蘇生系の上級魔法は使えるキャラクターがいるのならいいが、そうでない場合は寺院に行きドラクエ以上の莫大な値段から掛かる使用だ、ここまで話してくるとまたウィザードリーをやりたくなってきますね、懐かしい。

話は大きく脱線しましたが、今回はマリオの絵を書いてこんなことを考えました。

コピーライティングからアニメーションや映像の広告になるのかな〜なんてふと、思うのだが、映画26世紀青年みたいな感じで文字がなくなり全部絵になるっていう感じで、飲み水用の水道からゲータレードが出てくるってな感じで、水道の蛇口からオレンジジュースが出てくるみたいなハッピー的な感じだよね、これはこれで面白いけどね、一番面白そうなさ〜、チャベスだよな、彼は多分現代でも人気は出ると思うよ、この映画の中ではWho はゲータレードを作っている会社に買収されると言った話もある、これネタだからね、この流れというのはまさにブログから動画の時代という感じで、文字で情報を得るより映像で見たほうが早いと言うことは事実であるが、でもそうではないよって人もいるので、この傾向の統計というのは一体どうやって知ればいいのかと考えるがそんなものは単純で簡単なものだろうと感じた。それは現代の経済的な二極化の幅が広がっているという事でもあるのやも知れない、つまりこう言った絶望的な映画が生まれると言う事には、こうはなりたくないと言う人間の考えが生まれ、軌道修正が入り、映画 Akira みたいな未来予想図ではなく、もっと緑がある現代的な世の中になっているのだと思われる、この考え方というのは FF のミッドガルにも似た傾向があるのかな?って考えた事があるけどあれはただカッコいいからってだけなのかも知れないですね、という感じで話は戻りますが広告までアニメーション使われる場合もあるんじゃないのかななんて思いますね、なんとなくそんなことを考えたまでです。


マリオのかきかた。

ジャンクゲームボーイ(GB)アップグレードした上直す動画

この2ドルのジャンクオリジナルゲームボーイを復元してアップグレードしたそうだ。

ポケモンは最初レットどグリーンが発売して、コロコロ応募でブルーが売られていたよな、そしてポケットモンスターピカチュウとなるとサトシの後ろでピカチュウがついてくるっていう絵が入ってたよね、海外版とかはハッキリ言って見分けがつきませんが、ゲームボーイの歴史は長くゲームボーイミニみたいなものとかゲームボーイカラーとかが出ていたので、どのソフトがプレイ可能かと言うのがあまり明確ではない、それからゲームボーイアドバンスとか出たもんな、この時代のゲーム機というとワンダースワン思い出すのだがワンダースワンはバンダイが出したゲーム機だそうだ。ワンダースワン2なんてもしバンダイが出したら面白そうではあるが、それだけのマシンパワーが求められるので、PSP とか PSP Vita とか存在するのでその上 Nintendo SWITCH、ニンテンドースイッチライトなども君臨している、ここにポケットゲーム市場に入いるのは厳しいものがあるのやもしれないですね、ネオジオミニとか発売しているので無理なことはないかなと思いますが、わざわざワンダースワン2を出す意味みたいなものが見つからない、このワンダースワン2というのはワイの妄想話に過ぎませんが、ケンタッキーのゲーム機みたいな感じでわくわくさせるような話だとは思わないだろうか?

でもゲームソフト開発とかも昔あったかな?たまごっちぐらいしか思い浮かばん、バンダイと言ったらバンダイナムコになったしね、ナムコと言ったらゼビウスでビルを建てたと言われるほどですね、ワンダースワン2をもし出すのであれば何か特殊な機能というか、コアなもんが必要だろう、何かあるか?

ポケットゲームプレイ動画を編集できる機能などネットにアップデートできる機能つきとか、ゲームで金が稼げる、マネタイズ機能があれば面白いんじゃね〜簡単に言うのならば学生が学校でゲームしながら金稼げるってやつね、既にそのビジネスモデルはスマホで十分なのだが、それをゲーム機に持っていく事により、ゲームとマネタイズに特化したハードができるのではないだろうか?そもそも子供ながら稼ぐ事が悪な感覚こそ、学校のマスゲーム的な側面なのではないだろうか?だが、未だに金を表面に出すとバッシングを喰らいかねないので、その部分は伏せて機能面を全面に押した仕様にするのも良いだろう、ゲームというのはおもちゃで楽しいワクワクのものって感覚はあるが、今や遊ぶということは稼ぐことという考えが定着しつつある、頑張らないで稼ぐみたいな文言もあるが、そういう時代なのだろうと思うなので、ゲームを更にマネタイズツールとして進化させれば、生活に必須なものの一部となり、新たな市場ができるやも知れないと考えている。

デイトナUSA(DAYTONA USA)の曲を聴きながら雑談

もう8月になりますね、やっと梅雨も終わりますがその分外は猛暑になり暑いよな〜

だからと言って曇りのままが良いのか?と言うとたまには晴れて欲しいものである

晴れの日は続かないと人は気持ちが落ち込むというものがあるが、日光の話はググれば色々と出てくるのでわざわざこのブログでは言わないが、日焼けは骨を丈夫にするとかって事も言ってるもんね、科学的根拠があれば人間は信じ込みやすいけど、体感で日差しがあると気分が良いと思うのは誰しも一緒だと思う、中には日差しが嫌だとか思う方もいるだろう、それは時間が解消してくれると思う、やり方は色々あるが正しい方向であることを願う、これもググればわかると思うのでここでは控えておこう、結局は運動と食事となる朝起きて夜寝る基本的なことですが、一攫千金を求めるにあたり健康第一なのでレースゲームとは関係ない内容をぶっ込んでみました。

レースゲームの前に車の話をしようと思うのですが、Twitter 上のニュースでポルシェの事故の話がありましたけど、あれ相当スピード出してたよなポルシェが乗っていた50歳の男性が生きていて息子も腹を打撲した。(追突した方だと思われる)

そしてbB乗っていた男性(70歳)女性(63歳)が死亡したとある。

事故起こした方の男性は息子も乗せていたんだですね、これはヤバいですね

こういうニュースがあると車に乗りたいと意欲が全くなくなり、ますます車離れが増えていき、電車で情報をインプットし時間を有効的した方がいいんじゃないかなと思うのだが、休日のぐらいドライブなどしてみたいって発想ももちろん理解できるのだが、車は何かリスクがあるようで嫌な予感がするんですよね(個人的なものですが)

ならば丈夫な車に乗ればいいのではないだろうか?この考えというのはベンツの A クラスとかならボディー剛性が高いとかいう話があるのだが、国産車でも昔のものの方が丈夫な素材を使っていたなど色々言われるが、歩行者の事を考え車が柔らかくなったとも考えられる、人間と車では気休めに過ぎないが、色々な都合で車の強度は変わってくると考えている、自分の考えではもしも車を乗るのであればJeepとかベンツだとかだとかなり丈夫だと思う、確かレクサスなんかも実際に硬かったような気がする、そもそも普通の乗用車の形が丈夫でクーペ型が丈夫だとも言える、そもそもワンボックス、ミニバンと比べるのは筋違いかもしれないが、箱型になってるという事はダンボールで例えてみても空洞で打撃に弱い事は当然な話である、軽だのミニバンなどは利便性を求めるあまりに安全性が消えつつあるのではないだろうか?今やピラーレスなんていう車が存在するが、柱無いってことだから大丈夫なの?って思ってしまうのはワイだけだろうか?だが、高級車だと高い車は買えないなど思う方もいるかも知れない、そんなときはロールバーを入れるしかないだろう、社内の骨組みみたいなもんでレース用のあれである。正直言ってそんなことをすればもっと金がかかるんじゃねえのかと思いますが、自分で軽トラックにロールバー(鉄骨?)を入れてる人もいますもんね、それが面倒ならば高級車を買った方が手っ取り早いのかもしれないですね、そんな感じで車がどうしても乗りたいという方はこれらの考えに行き着くのではないだろうか?違ったらすまん、ですが ワイとしては他の乗り物でもいいのかななんて思いますね、電車とかも良いけど、やっぱ車じゃなきゃ嫌だって考えもあると思うのでそれは個人の自由だろう、それにしてもあのポルシェの事故の大きさ(大破具合)を見るに150キロ以上で走っていたはず(予想)出しすぎだろ、だが調べていくうちに BB の方も過失があったようだ、ということはだ世界はステイホームの渦で家にいる時はゲームをするのが一番良いだろうが、晴れた日は外で走るのも良いだろう健康面に気を使い、何より清々しいのでゲームだけ休日やっていたワイだから言うが、ずっとゲームだけをやっていると精神がぶっ壊れる場合が多々ある、それは慣れれば根性というソリッドスネークのような精神になるのだが、そんな根性論はさておき、適度な運動と食事は大事だと言うことはここで言っておきます

織田裕二 お金がない から学ぶゲームボーイの耐久性

序盤動画の(0:14)少年がゲームボーイ落としてますね、この程度じゃゲームボーイ壊れないからね、任天堂この頃からかゲーム作っておったのだが、今やTwitter のトレンドには転売ヤーという文字が出てくる、これはもうすでに皆さんご存知の通り、転売ヤーは Nintendo SWITCH を買い漁り、ゲーム機を売る側の人はが悲痛な叫びがTwitter上で確認できると思います。いったいどうすれば良いものか?転売ヤーが買えないぐらいNintendo SWITCH を量産させるというシステムはダメか、バブル期のように大量生産っていうのはやはりきついのかもしれないですね、そう考えると昔スーファミの対象は子供だったんだよな、その世代が今Switchを買っているということなのだろう、今やゲームは子供のものでは無くなっている事は当然だが、これと言うのは映画やスポーツと芸術と同等なものと変わって来ていると言っても良いだろう、ここでゲームというカテゴリーが一回全て分解して考えてみると、絵があり、それをドット絵(グラフィック)にし動画にする、この行為はゲームに芸術を入れている事になる、ムービーなんてのは当たり前になり、一本の映画さながらのゲームは存在するし、今や映画と同等の画質で俳優なの?CGなの?って具合だ。それに音楽要素も入っている、芸術というともう一つ音楽鑑賞があるクラシック音楽モーツァルトなんて流れになるが、その要素もドラクエ BGM すぎやまこういちが出て来ますね、今や色々なゲームのBGMがオーケストラバージョンとなり、これは新たな時代のクラシックとなり始めているのではないだろうか?それとお話を作る上で大事な小説のようなシナリオ、物書きの要素まで入っているこの集大成というのはゲームに入ってるならないでしょうか?そしてゲームプログラミングなどAI人工知能との勝負など、正直いって色んなジャンルありすぎてここまでしか思い浮かびませんね、言われれば色々あると思いますがこんなことかな?

ここではゲームにスポットライトを当てていますが絵画、音楽、小説などの既存のジャンルでも色々と素晴らしいものがどんどん生まれているのでそれも楽しみだ。

だがそんな中埋もれた才能がゲームの中に入っていたりするそれはグラフィックであったりBGM であったりする、そういった埋もれた芸術が眠るゲームが存在するのですが、それらを見つけるのは子供だったりする、この流れというのはファミコンやスーパーファミコンをやった時代の子供が、今 YouTube 神曲と言い懐かしんでる曲なのではないだろうかと考えている、最後に綺麗事を言うのだが、ゲームというのは子供が買ってなんぼなもんなので、お金のために転売ヤーである大人が市場に回っているNintendo SWITCH の価格を操作する事は、子供の芸術センスを遅らせることとなり、金でワクワクを消してることとなる、子供の頃聴いたゲーム BGM こそ、楽しい思い出であったり時代を共有することが出来る、今後ネットをやる上で大事な要素なのではないのかと考えるのである。結局真理としては、金に流されるとワクワクは消えるということになる転売ヤーも別のものに専念できたらそれは幸せだろう、人の人生は短いby諸葛孔明

結局ここで何が言いたいのかと言うと人間は死んだ後に世に何を残すかということになる、思想であったり芸術であったり、マイナスの面も存在するがここでは控えておく、という具合に綺麗事を抜かしているがこの記事を書いてるとうの本人は惰眠を貪りがちなそくめんもあるこの頃