三国志5 武将 甘寧

甘寧(かんねい)

三国志5 武将 甘寧甘 寧(かん ねい、? – 215年?)

 

甘寧は計掾(会計報告係)に推挙され、蜀郡丞となったが、ほどなくして官を棄てて、家に帰った(『呉書』)。

 

10代前半の頃から気概があって遊侠を好み、不良の若者を集めて徒党を組み、仲間を派手に武装をさせ、彼らの頭領となった。

 

仲間たちは皆、羽飾りを背負い、鈴を常に携えていたので、民衆は鈴の音を聞いただけでそれが甘寧一味だと分かったという。

 

派手な装いで外出し、陸路や水路を闊歩した(『呉書』)。

 

人に出会った時は、地方の長官だろうと自分達を盛大に歓待させ、そうしない者には手下を使って財産を奪わせた。

 

また自分が属する地方の長官の領内で犯罪があれば摘発と制裁を行った。

 

このような生活が20年ほど続いたが、あるときを境に乱暴を止める。

 

学問に興味を持ち、いくつか諸子を読むようになったという。

 

194年(興平元年)、劉焉が没し、子の劉璋が跡を継いだ際、李傕が漢中に派遣した扈瑁に呼応した劉璋の将軍である沈弥らと共に、劉璋に反逆したが敗れ、荊州へ逃亡した人物の中に甘寧という人名がある(蜀志「劉焉伝」の注に引く『英雄記』)。

 

甘寧は荊州の劉表に身を寄せるが任用されず、劉表の部下の黄祖の元に身を寄せたが、一般の食客としての扱いであった。

 

甘寧は手下や食客800名を連れた上で身を寄せたが劉表は文を重んじ武を軽視したため、甘寧は任用されなかった。

 

甘寧は劉表が大成せずやがて滅んでしまうだろうと確信し、巻き添えを避けるため江東に移ろうとした。

 

劉表の部下の黄祖の軍勢が夏口に駐屯していたため通過できず、そのまま黄祖の下に留まった。

 

冷遇されたまま3年ほど経過した。

 

黄祖の軍の将として、対立する孫権の軍に敗れた黄祖を救援し、その殿を務め、追跡してきた孫権の将である凌操を討ち取るなどの手柄を立てたが、甘寧の待遇はその後も変わらなかった。

 

凌統からはこの件で父の仇敵と終生恨まれる。

 

都督である蘇飛は甘寧を重用するよう黄祖に諫言したが、黄祖はかえって甘寧の食客を引き抜こうとし、甘寧の食客らは減少していった。

 

甘寧は黄祖の陣営を離反することが出来ずに悶々としていたが、蘇飛の助けにより邾県県令に推挙され、黄祖の下を離れることができた。

 

甘寧は、かつての食客や新たに部下となった者達数100人を引き連れて、県に向かった。

 

やがて甘寧はそこを出奔し、孫権に加入した。

 

甘寧が身を寄せると、周瑜・呂蒙が連名で推薦した為、孫権は旧臣同様に甘寧を遇することにした。

 

甘寧は、まず劉表と黄祖を討って荊州を押さえ、さらに巴蜀(益州)をも攻め取るという作戦を提言した。

 

国内の反乱を心配する張昭はこれに反対したが、甘寧は張昭に堂々と反論し、孫権も甘寧の言葉を気に入り、杯を与えて信頼を示した。

 

208年(建安13年)、甘寧は黄祖攻めに従軍。

 

江夏で黄祖を討ち破った際、かつての恩人であった蘇飛は生け捕られてしまったが、蘇飛はこっそり人を遣わして甘寧に助命を願った。

 

甘寧もまた蘇飛の恩を忘れず、孫権の前で頭を打ち付けて涙ながらに蘇飛の助命を嘆願したため、孫権はこれを容れている(『呉書』)。

 

孫権は黄祖の軍を吸収すると、甘寧に兵士を与えて当口に駐屯させた。

 

劉表の勢力を吸収した曹操と孫権が戦った赤壁の戦いでは周瑜に随行して曹操を烏林で打ち破り、続いて南郡の曹仁攻略に参加した。

 

甘寧はまず夷陵を奪取すべきとの計略を立て、すぐに手勢1000人ほどを以って陥落させたが、逆に曹仁から5000から6000の兵士を繰り出されて包囲された。

 

甘寧は猛攻に何日も耐え、平然と談笑して屈しなかった。

 

使者を出して周瑜に状況を知らせたところ、周瑜は呂蒙の計略(「呂蒙伝」を参照)を採用し、凌統だけを留守に残し、その他の諸将を率いて甘寧を救援し囲みを解いた。

 

決戦の末、曹仁は江陵から敗退した。

 

214年(建安19年)、曹操の揚州における拠点である皖城攻撃に従軍した際には、呂蒙により升城督(攻城隊長)に任命され、城壁をよじのぼって官吏兵士を先導し、あっさりと敵将の朱光を捕らえた。

 

論功行賞の結果、呂蒙が第一、甘寧はそれに次ぐものとされ、この時に折衝将軍を拝命した。

 

214年-215年(建安19-20年)に曹操が濡須の江西に侵攻し、10万の大軍が長江の水を馬に飲ませるのだと喧伝した。

 

孫権は「曹操には張遼がおり、余には甘寧がいる。これでちょうど釣り合いが取れているのだ。」と言った。

 

曹操を打ち破り、曹軍は撤退。

 

 

215年(建安20年)、孫権と劉備が荊州返還を巡って緊張状態になると、魯粛に随行して長沙の益陽を守り、関羽と対峙した。

 

関羽は軍勢3万を号し、精鋭5000人を以って夜半に上流の浅瀬を押えると喧伝した。

 

甘寧はこのとき、300人の兵士を率いていたが、あと500人の兵士を与えてくれれば、関羽の動きを止めるか、さもなくば捕らえることができると進言した。

 

魯粛は甘寧に1000人の選抜兵を預けた。

 

甘寧は夜中に出陣すると、それを聞いた関羽は軍営を瀬に築いたが(関羽瀬)、結局渡河を断念した。

 

甘寧が向こう岸で関羽と対峙し、軍塁(夜月台)が築かれた。

 

その年の7月以降に孫権は合肥を攻めたが、8月には撤退を決定する。

 

この時孫権が、呂蒙・蔣欽・甘寧・凌統とわずかな手勢しか連れていないのを見て、合肥を守備していた曹操軍の張遼が急襲をかけてきた。

 

甘寧は弓を引いて敵を射ち、凌統らとともに死闘を繰り広げ、なぜ音楽を鳴らさないのかと沈黙する鼓吹隊を怒鳴りつけた。

 

孫権は甘寧の勇壮毅然とした様を褒め称えた。

 

甘寧はその年の冬に死去。

 

『三国志演義』では若い頃は徒党と組んで江湖一帯を縦横に荒らしまわり、「錦帆賊」と呼ばれる河賊であったとする。

 

やがて曹操が荊州に進出すると、甘寧は対決を主張。

 

赤壁の戦いでは黄蓋の「苦肉の計」に闞沢に協力し、曹操を欺く計略に参加。

 

偽って投降してきた蔡中を利用して、敵陣深くに潜り込んで火を放ち、さらに逃げる曹操に追いすがり損害を与える。

 

凌統とは黄祖征伐の後で命を狙われるなど仇敵視されていた。

 

皖城攻略戦において鉄鎖を振り回しながら城上に乗り込み、皖城を攻め落とした。

 

濡須へ侵攻した曹操に部下百名で夜襲をかけた場面では、同士討ちを防ぐためにあらかじめ兵士達の頭にガチョウの羽をつけさせ、兵士を1人も失わずに勝利を収めたという筋書きが付与されている。

 

凌統は楽進と一騎打ちを演じ、曹休の矢を受けて馬に落ちた。

 

その際に、甘寧は楽進を弓矢で退ける。

 

このことを知った凌統がかつての恨みを水に流し、二人は固い親交を結ぶことになっている。

 

劉備との夷陵の戦いにおいて病床の身を押して出陣し、劉備に協力した蛮将沙摩柯の矢を受け撤退した。

 

富池口まで来て、大木の下に座って死んだ。

 

wikiより

覚える特殊能力

三国志5 武将 甘寧【水計・火矢・乱射・無双・遠矢・応射】

陣形

【鶴翼の陣】

(かくよく)平地型唯一『一斉攻撃』が実行できる陣形。一斉攻撃は非常に強力なので城にこもった敵を複数の味方部隊で包囲したとき使える。弓の攻撃力は高いので射撃戦には有利。

関連兵器なし

攻撃力・C 防御力・B 弓攻撃力・A 弓防御力・D 機動力・C 射程2

 

【鋒矢の陣】(ほうし)

山岳型戦闘で『突撃』が実行可能で攻撃的陣、山や森林の地形では機動力がるだが、防御には弱い、だが研究で新兵器『戦車』を開発すれば少しは弱点を補える。  

新兵器『戦車』を開発・【無】

攻撃力・A 防御力・D 弓攻撃力・D 弓防御力・D 機動力・A 射程2  

新兵器『戦車』を開発・【有】

攻撃力・A 防御力・B 弓攻撃力・D 弓防御力・C 機動力・A 射程2

 

【水陣】(すいじん)

水上型唯一の水上専用陣形。陸上では防御力が激減するので役に立たないが水上では無敵の陣形に変身する。新兵器の『楼船』(ろうせん)があれば攻撃・防御・弓防御が上がる。

新兵器『楼船』を開発・【無】

攻撃力・B 防御力・B 弓攻撃力・C 弓防御力・B 機動力・A 射程2

新兵器『楼船』を開発・【有】

攻撃力・A 防御力・A 弓攻撃力・C 弓防御力・A 機動力・A 射程2

 

その他の陣形

www.opio8.com

武将パラメーター

三国志5 武将 甘寧武力【武】96 知力【知】60 魅力【魅】71 政治【政】34

 

※【修行】などでパラメーターが上がっている場合があります。

 

経験値45247・勇名6930