三国志5 武将 袁煕

袁煕(えんき)

三国志5 武将 袁煕袁 煕(えん き、? – 建安12年(207年)9月)

建安年間(恐らくは公孫瓚が滅亡した建安4年(199年))に、袁煕は幽州刺史に任じられている。

 

袁煕が任地に向かう一方で、その妻の甄氏(後の魏の文昭皇后)は鄴に残って姑を世話していた。

 

建安7年(202年)、袁紹が後継者を定めないまま病没すると、兄と弟がそれぞれ後継を表明した。

 

家臣団の支持が喰い違い、袁氏の勢力は二分されることになってしまった。

 

実子であるにもかかわらず、袁煕がこの争いに積極的に加わったとされる記載は無い。

 

建安9年(204年)、弟が曹操および兄に敗れると、これまで曹操と敵対していなかったにも関わらず、袁煕はあえて弟を管轄地の故安に迎え入れて助けた。

 

この行動は幽州の豪族に反感を抱かれ、結果的に焦触・張南ら多くの離反を招いてしまう。

 

袁煕は弟とともに遼西の烏桓の大人(単于)楼班を頼って逃れた。

 

建安12年(207年)、遼西に進軍してきた曹操を、袁煕・袁尚は烏桓王蹋頓(楼班の族兄)らと柳城で迎撃した(白狼山の戦い)。

 

再び敗れ、最後は遼東の公孫康を頼って落ち延びた。

 

曹操を恐れた公孫康は、袁煕・袁尚を斬って曹操への手土産にしようと企み、2人を偽って歓迎した。

 

これに袁煕は疑いを抱いた。

 

公孫康の軍を奪い取ろうと考えていた弟の強弁もあり、ともに公孫康の下に向かった。

 

結果、やはり2人は公孫康の騙し討ちにより殺害され、その首級を曹操のもとへ送られることになった。

 

『三国志』魏書袁紹伝(付、袁譚・袁尚伝)注に引く『典略』によれば、処刑直前に袁尚が寒がって筵を求めたが、すでに覚悟を決めていた袁煕は「首級が万里の旅に出るのに、なぜ今さら筵がいるのか」と弟をたしなめたとされる。

 

wikiより

覚える特殊能力

三国志5 武将 袁煕【火計・収拾・消火・伏兵・激励・沈着】

陣形

【錐行の陣】

平地型の陣形機動性を重視した強襲用の陣形。素早く敵に接近することに向いている。弓攻撃力・弓防御力は最低なので射撃戦には向かない。研究で『強化騎兵』があれば攻撃力・防御力が更に上昇する。

強化騎兵 【無】

攻撃力・C 防御力・C 弓攻撃力・D 弓防御力・D 機動力・S 射程2

強化騎兵 【有】

攻撃力・A 防御力・B 弓攻撃力・D 弓防御力・D 機動力・S 射程2

 

【長蛇の陣】(ちょうだ)

山岳型山林で驚異的な機動力を発揮する陣形。防御力・攻撃力はさほどではないので、遠くの敵に接近するのに使うと良い。新兵器である『筒袖鎧』で防御力と弓防御力を高められる。『筒袖鎧』(とうしゅうがい、つつそでよろい)は、中国の甲冑・鎧の形式の一つ。古代中期に用いられた。

新兵器『筒袖鎧』を開発・【無】

攻撃力・C 防御力・C 弓攻撃力・D 弓防御力・D 機動力・S 射程2

新兵器『筒袖鎧』を開発・【有】

攻撃力・C 防御力・B 弓攻撃力・D 弓防御力・B 機動力・S 射程2

 

その他の陣形

www.opio8.com

武将パラメーター

三国志5 武将 袁煕武力【武】60 知力【知】68 魅力【魅】73 政治【政】64

 

※【修行】などでパラメーターが上がっている場合があります。

 

経験値32530・勇名1652